リレンザが効かないインフルエンザもある?

タミフルと比較して副作用の心配が少ないことから、インフルエンザの治療薬として広く医療現場で使われているリレンザ。A型、B型を問わず、インフルエンザに効果を発揮しますが、C型のインフルエンザには効かない点は注意です。
インフルエンザウイルスは、外に放出される時にノイラミニダーゼと呼ばれる酵素により表面から剥離します。タミフルやリレンザといった薬は、このノイラミニダーゼを抑える働きを持つのですが、C型のインフルエンザウイルスはノイラミニダーゼを持っていないために、効果がないのです。
また、リレンザを使ったのに熱が下がらない、という症状を訴える方もいらっしゃいますが、リレンザは解熱作用のある薬ではなく、ウイルスの増殖を抑える薬です。ウイルスを直接殺すわけではありませんので、既にウイルスの増殖を許した状態で使用しても効果が得られないでしょう。ウイルスの爆発的感染、パンデミックを防ぐためにも、インフルエンザの発症後、48時間以内の使用が必要であるとされています。
リレンザは吸入薬のためディスクヘラーと呼ばれる専用の吸入器が必要になりますが、粉薬を直接気道から入れるのでウイルスの増殖をすぐに防ぐ効果があります。インフルエンザウイルスは呼吸とともに体内に侵入し、気道で増殖します。吸入薬が経口薬よりも効果が早いのはこのためです。
リレンザの副作用としては下痢、発疹、吐き気、動悸などが報告されていて、重篤な副作用は今のところ報告されておらず、いずれも軽い副作用とされていますが、高齢者や幼児に関しては更に注意が必要でしょう。
なお、リレンザでインフルエンザを予防する場合には1日2回、5日間飲み続けるようにします。