リレンザをネット通販などで購入する危険性

リレンザは基本的には医療機関でインフルエンザと診断を受けなければ購入することが出来ない薬ですが、昨今はインターネット通販でも取り扱われており、処方を受けずとも購入することが出来るようになっています。
ネット通販などでリレンザを購入するメリットは、まず医療機関で処方されるよりも安価で薬を手に入れることが出来るという点です。
一般的にネット通販は海外からの個人輸入となることがほとんどですので、国内で流通されている薬よりも安価であることが多く、また医療機関へ行かずに済むので診察料を支払う必要もないことから経済的となるのです。
ただし、ネット通販で薬を購入する場合、全て自己責任であるため、当然デメリットとして危険なこともいくつかあります。
例えば、リレンザの使用方法を間違えてしまう危険です。
リレンザは経口薬ではなく吸入薬ですので、一般的に処方される際には薬剤師の方から吸入方法の説明があります。
しかし、ネット通販ではそうした説明がないため、使い方を間違えるとウイルスに対してなんの効果も発揮されず、逆に悪化してしまう可能性も出てくるのです。
またどのような薬にも副作用がありますが、ネット通販ではその説明が受けられないというのも問題です。
特に薬剤に対するアレルギーからアナフィラキシーショックが引き起こされた場合、早めに医療機関へ行かなければ命にかかわる危険性がありますので、使用前の注意事項や使用後の違和感に注意を払わなければいけません。
リレンザ自体が引き起こすこと以外では、海外からの個人輸入の場合は薬が偽物である可能性も考えられます。
価格だけで輸入代行業者を選んでしまうとこの危険性が高まりますので、きちんと信頼のおける業者かどうかを確認しなければいけません。
このようにネット通販でリレンザを購入するのはメリットもある一方で危険なこともありますので注意深く行う必要があるのです。