リレンザを使用できない年齢は?

リレンザは世界で初めて開発された抗インフルエンザウイルス薬で、ザナミビル水和物を成分としてインフルエンザの治療に使用されます。ノイラミニダーゼ阻害薬に分類され、インフルエンザA型およびB型に効果を発揮しますが、C型にはノイラミニダーゼと呼ばれる酵素がないことから使用することができません。発熱や咳といったインフルエンザの症状が現れてから48時間以内に使用すると、増殖のために使用するノイラミニダーゼを阻害するため、細胞内に閉じ込めることで症状を緩和し、回復を早めるのがこの治療薬の効果です。48時間経過した後ではウイルスが増殖しきっているので、使用してもあまり効果が見られないので、早めの治療が肝心と言われています。リレンザは薬剤の入ったディスク、専用の吸入器がセットになっており、この2つを使用して薬剤を吸引して飲むのが特徴です。基本的にはどの年齢でも使用することができるのですが、まだ呼吸が上手くできない幼児には扱いが難しいので、リレンザの処方は5歳以上の子供を推奨しています。また、他の抗インフルエンザウイルス薬は、10~20歳未満の子供で異常行動の副作用が多く見られたため、この年代ではリレンザが第一選択薬となっています。5歳以上であれば処方は可能ですが、インフルエンザは呼吸器に影響が出るので、感染していない時なら問題なくても、重症化している時は吸入が難しいこともあるため、症状や状態などを鑑みて処方が変更されることもあります。例え10歳になった子供であっても、吸入器が上手く扱えないのであれば、治療の効果は薄れるので、別の治療薬を選択することもあります。ちなみに1歳未満の新生児は、薬を飲むことすら難しいので、点滴薬を使用するようになっています。