アーカイブ | 5月 2016

  • リレンザを使用できない年齢は?

    リレンザは世界で初めて開発された抗インフルエンザウイルス薬で、ザナミビル水和物を成分としてインフルエンザの治療に使用されます。ノイラミニダーゼ阻害薬に分類され、インフルエンザA型およびB型に効果を発揮しますが、C型にはノイラミニダーゼと呼ばれる酵素がないことから使用することができません。発熱や咳といったインフルエンザの症状が現れてから48時間以内に使用すると、増殖のために使用するノイラミニダーゼを阻害するため、細胞内に閉じ込めることで症状を緩和し、回復を早めるのがこの治療薬の効果です。48時間経過した後ではウイルスが増殖しきっているので、使用してもあまり効果が見られないので、早めの治療が肝心と言われています。リレンザは薬剤の入ったディスク、専用の吸入器がセットになっており、この2つを使用して薬剤を吸引して飲むのが特徴です。基本的にはどの年齢でも使用することができるのですが、まだ呼吸が上手くできない幼児には扱いが難しいので、リレンザの処方は5歳以上の子供を推奨しています。また、他の抗インフルエンザウイルス薬は、10~20歳未満の子供で異常行動の副作用が多く見られたため、この年代ではリレンザが第一選択薬となっています。5歳以上であれば処方は可能ですが、インフルエンザは呼吸器に影響が出るので、感染していない時なら問題なくても、重症化している時は吸入が難しいこともあるため、症状や状態などを鑑みて処方が変更されることもあります。例え10歳になった子供であっても、吸入器が上手く扱えないのであれば、治療の効果は薄れるので、別の治療薬を選択することもあります。ちなみに1歳未満の新生児は、薬を飲むことすら難しいので、点滴薬を使用するようになっています。
  • リレンザが効かないインフルエンザもある?

    タミフルと比較して副作用の心配が少ないことから、インフルエンザの治療薬として広く医療現場で使われているリレンザ。A型、B型を問わず、インフルエンザに効果を発揮しますが、C型のインフルエンザには効かない点は注意です。 インフルエンザウイルスは、外に放出される時にノイラミニダーゼと呼ばれる酵素により表面から剥離します。タミフルやリレンザといった薬は、このノイラミニダーゼを抑える働きを持つのですが、C型のインフルエンザウイルスはノイラミニダーゼを持っていないために、効果がないのです。 また、リレンザを使ったのに熱が下がらない、という症状を訴える方もいらっしゃいますが、リレンザは解熱作用のある薬ではなく、ウイルスの増殖を抑える薬です。ウイルスを直接殺すわけではありませんので、既にウイルスの増殖を許した状態で使用しても効果が得られないでしょう。ウイルスの爆発的感染、パンデミックを防ぐためにも、インフルエンザの発症後、48時間以内の使用が必要であるとされています。 リレンザは吸入薬のためディスクヘラーと呼ばれる専用の吸入器が必要になりますが、粉薬を直接気道から入れるのでウイルスの増殖をすぐに防ぐ効果があります。インフルエンザウイルスは呼吸とともに体内に侵入し、気道で増殖します。吸入薬が経口薬よりも効果が早いのはこのためです。 リレンザの副作用としては下痢、発疹、吐き気、動悸などが報告されていて、重篤な副作用は今のところ報告されておらず、いずれも軽い副作用とされていますが、高齢者や幼児に関しては更に注意が必要でしょう。 なお、リレンザでインフルエンザを予防する場合には1日2回、5日間飲み続けるようにします。